武蔵野大学附属千代田高等学院

沿革

沿革

閉じる

創立者:島地黙雷

明治初期に海外の宗教事情を視察し、政教分離を主張。
明治21年(1888)、仏教に基づく女子教育をいち早く実践した開明的僧侶。

島地黙雷(1838-1911)

本願寺派の学僧。院号は離言院。周防国(現在の山口県東部)生まれ。妙誓寺(山口県徳地町)、のち願教寺(岩手県盛岡市)住職。原口針水に師事。慶応4年(1868)、赤松連城、大洲鉄然らとともに本山改革の建議書を提出し、明治初年の本願寺行政改革に携わった。明治5年(1872)から欧州等へ赴き、海外の宗教事情を視察して、信教の自由、政教分離を主張し、渡航先から三条教則を批判する建白書を明治政府に送った。翌年帰国すると真宗各派の大教院分離に尽力し、明治8年(1875)にこれを実現した。本願寺執行などを歴任。白蓮講社や女子文芸学舎(現在の千代田女学園)を創立するなどして教化・教育にも尽くした。明治27年(1894)勧学。著書に『問対略記』『信因称報義』『真宗大意』などがある。

『浄土真宗辞典』(本願寺出版社刊)より

沿革
1888年 女子文芸学舎として現在地に島地黙雷師により創立
1907年 女子文芸学校と改称
1910年 高等女学校令により千代田高等女学校と改称
1918年 同窓会並びに生徒の精神修養と道念涵養を目的として、
「みのり会」を設け、発会式挙行
1927年 財団法人千代田女学園設立
1927年 千代田女子専門学校併設、開校式挙行
1947年 学制改正により新制中学校併置
1949年 新制高等学校設置、旧制高等女学校は第59回卒業生をもって終止符を打つ
1949年 千代田女子専門学校を財団法人武蔵野女子学院へ移行(現在、武蔵野大学)
1951年 学校法人千代田女学園設立
1961年 本館落成
1966年 大講堂並びに聞思堂(礼拝堂)落成
1972年 体育館・家庭科特別教室落成
1983年 創立95周年記念式典挙行
1988年 創立100周年記念式典挙行
1990年 鉄筋コンクリート5階建校舎、体育館特別教室落成
1990年 校舎増築落成記念式挙行
1992年 冷房設備完成
1993年 創立105周年記念式典挙行
1998年 創立110周年記念式典挙行
1999年 7・11年生新制服着用
2003年 創立115周年記念式典挙行
2008年 創立120周年
2013年 創立125周年
Return to Top ▲Return to Top ▲