武蔵野大学附属千代田高等学院

教育環境

教育環境

閉じる

アダプティブな学びへ

新しい学校が目指すのは、アクティブ(主体的)な学びをより深めた、アダプティブ(一人ひとりに合わせた)学びです。それぞれの生徒が真の夢の実現を目指せるように、武蔵野大学附属千代田高等学院では、新しい学習環境を整備します。

ICT環境の整備

全生徒がノートPCまたはタブレットPCを活用し、一人ひとりの生徒に最適化された学びを提供するためのLMSラーニングマネジメントシステム(学習管理支援)を導入します。また、これまでの図書館を大幅にリニューアルし、最新のICT環境と図書を融合したリソースセンターを新設します。IQコースで求められる探究活動やそれぞれの生徒の関心に合わせた学びを深めて行くためのベースとなる施設です。

 

アカデミックリソースセンター(ARC)

【ラーニングリソースセンター(ARC)の新設】

これまでの図書館を大幅にリニューアルし、最新の設備を備えたラーニングリソースセンター(ARC)を2017年9月に新設します。ライブラリーに加え、アクティブラーニングスペース・インターネットスペース・個人学習エリアを備え、探究活動やそれぞれの生徒の関心に合わせた学びを深めていく事ができる設備です。

【タブレットPCの活用】

校内無線LAN環境と1人1台の2in型タブレットPCを整備。生徒があらゆる場所から学習リソースにアクセスできる学習環境を実現しています。授業の枠内にとどまらず、生徒それぞれが自分の興味関心から探究活動を深めていくことが可能です。

【ラーニングマネジメントシステム(LMS)】

AI(人工知能)を使って、生徒一人ひとりの学びに合わせた学びを提供することのできるラーニングマネジメントシステム(LMS)を導入。各生徒の学習履歴を管理し、間違えやすい問題を克服するための課題を提供することや、それぞれの目標に向けた学習進度を把握することができます。全ての生徒に一斉の学習を行うだけではなく、それぞれに最適化された学びを実現していきます。

Return to Top ▲Return to Top ▲