武蔵野大学附属千代田高等学院

News

News

閉じる

Chiyoda Global Challenge Program 開始

2017/4/1

千代田女学園では、英語運用能力を高めるための取り組みとして、Chiyoda Global Challenge Program(CGCP)に取り組んでいます。
人工知能やテクノロジーの発達により、英語が話せなくてもよいのではないか、との意見もありますが、一方で、複数の言語を操るバイリンガルは、マルチタスクに優れ、多面的に物事を考えることにも長けているという研究報告もあります。(引用:「科学的に元気になる方法集めました」堀田秀吾著・文響社刊より)

Skypeを用いた外国人講師との1対1での英会話レッスンは、まず先生方から毎日25分ずつの試行が始まりました。学校の始業前に取り組む先生もいれば、自宅に帰ってから取り組む先生もいます。このSkype英会話レッスンは、GL(グローバルリーダー)コースの生徒に導入することを皮切りに、土曜プログラムなどで拡充を図っていきます。また、日々のルーティンの積み重ねが大きな成果につながることから、7年生から9年生までを対象に、NHK「基礎英語」1・2・3を「基礎英語クラブ」として放課後に取り組みます。

海外大学へ進学する際や、サマースクールに参加する条件として、TOEFLテストのスコアが要求されることがあります。今回の、CGCPの成果は、TOEFL JuniorテストやTOEFL Primaryテストなどの公的テストを受験し、一人ひとりの習熟度に応じたアドバイスを行っていきます。

CGCPで使用しているSkype英会話、TOEFL Junior・TOEFL Primaryに加えて、留学情報など、6月17日(土)に開催する学校説明会でもご紹介させていただく予定です。大使館等に囲まれ、隣接する千代田インターナショナルスクール東京とともに行う国際化に対応したグローバル教育について、ご興味ご関心がある皆さまのご来校をお待ちしております。

Return to Top ▲Return to Top ▲