武蔵野大学附属千代田高等学院

News

News

閉じる

花まつりを終えて

2017/4/1

 4月8日(土)、千代田女学園大講堂にて、お釈迦さまのお誕生をお祝いする「花まつり」がありました。お釈迦さまが花園でお生まれになったということから、壇上には花御堂のまわりに色とりどりの花を飾るとともに、生徒代表の献花、教員代表および生徒代表による灌仏、宗教科主任の田中無量教諭による法話と、厳粛な雰囲気の中で、式を執り行いました。保護者の皆さまにもご参式いただきましたこと、頂戴しましたご縁に感謝申し上げます。
 千代田女学園は浄土真宗本願寺派の宗門校として、年間を通して行われる宗教行事、あるいは宗教科の授業を通して、生徒に作法や振る舞いを身に付けさせるとともに、品位ある人材を育ててまいります。

 来週からは、通常授業が開始となります。
 「国際教養人の育成」という建学の精神のもと、学問に対する発展的な理解だけでなく、その場や状況に応じた所作や振る舞いができる国際教養人を育てること、それが千代田女学園の願いです。

 新入生への入学式式辞では、「千代田女学園では、学問も部活も行事も、二兎も三兎も追い求めましょう。」というお話をいたしました。生徒たちの活き活きとした学校生活を、教職員全体で支え、見守ってまいりたいと存じます。

 今後も、千代田女学園の教育に、ご期待いただきますよう、よろしくお願いいたします。

校長 荒木貴之

 

Return to Top ▲Return to Top ▲